俺の下ネタ

ダメだとわかっていても、下ネタを書かずにはいられない

「ヤリチンはセックスが下手説」は本当か

ツイッターで「ヤリチンはセックスが雑で下手」という話がツイッター上で話題になった。


人妻曰く、セックスの数を誇りにするようなヤリチンは自分勝手であると。

僕もそう思う!ヤリチンは自分勝手だ!ヤリチンを許さない!


しかしどうだろう?

ヤリチンは本当にセックスが下手なのだろうか?

数々のヤリチンを見てきた僕からすると、「ヤリチンセックス下手説」には様々なパターンがあるように思えるのだ。

ヤリチンが手加減しているパターン

僕の大学の友人に「M」という男がいた。

彼はものすごくイケメンで、その美貌たるや、合コンで女子大の子に

「顔を見ただけで濡れる」

と言わしめたほどであった。

彼はイケメンなだけでなく、ヤリチンであった。

合コンを開くたびにいつの間にか女を連れてどこかに消え、朝方に

「やったわ(ドコモの笑った絵文字)」

で律儀にメールで報告するいい奴だった。連れて帰った子が僕が狙ってた女じゃなければ。


それで、あの頃の僕はたいていの合コンを主催していて、主催者の特権といえば特権なのだが、女の子からはとにかく色んな連絡が入る立場にいた。

やれ「Mくんと連絡がつかない」だの、「Mくん本当は彼女いるでしょ」だの、たくさんの苦情が寄せられたもので、そんな苦情が届くたびに僕は、

「Mはいいやつだよ。たまたま連絡が返ってこないだけ」

とフォローを続けた。

しかしたまに、Mにやり捨てされた女で


「Mはセックスめっちゃ下手だった!」


みたいな悪口を言う女がいた。


そのたびに僕は思っていたのだ。


Mは手加減をしていただけなんじゃないかと。


彼はヤリ捨てするつもりの女にはこれ以上無いほど冷たく接していた。

そのセックスに思いやりなどない。
そもそも感情など込めてすらいないのだ。


しかし外から見ている限り、彼は自分の彼女に対しては優しく、彼なりに大切にしていたように思う。

彼女は浮気が不安すぎてメンヘラ化するパターンが多かったようだが。


つまり、「イケメンヤリチンがセックス下手」とは限らず、そもそも「女の子が遊び要員であるがゆえに手加減されている場合もある」ということだ。

君はヤリチンの真の実力を知らないのだ。

イケメン修行不足説

僕はセックス以前にチンコすら勃たない愚物である。

しかし、こんな僕の拙い経験から考えるに、セックスの上達には一人の相手と何度も繰り返し身体を重ねて試行錯誤する時間が必要だ。

というのも、一回やるだけの人が相手だと「お互いにどこをどうしたらいいのか」を探る時間も持てず、相手に合わせてチューニングするだけの経験を積むことができない。


一人の相手と長く接することをせず、取っ替え引っ替え色んな人とヤりまくっているヤリチンは、一人の女性と向き合い、技を練磨させる時間がなかったのではないだろうか。

僕が知る限りでは、ほとんどのイケメンヤリチンは長く付き合う本命がいて、その他に多数のセフレがいるパターンが多かったが、一部の彼女を作らない主義のイケメンは修行が足りていない可能性が高い。

セックスは一方が技を放って片方が受け取るようなものではなく、お互いに見つめ合って高めあっていく類のものだろう。

そういう意味では、一回だけやってグッバイするような関係だと、お互いの感度を高め合うのは難しいのではないか。

感度と感情の厄介な関係

「セックスは気持ちが入っていたほうが気持ちいい」

というのは誰もが認めるところだろう。

僕の話で申し訳ないが、大昔、部活の先輩に連れられて「ピンクサロン」と呼ばれる怪しい店に行ったことがある。

パネルを見て相手を指名し、そこの女の子にあんなことやこんなことをしてもらう、という店だ。


はじめてのピンサロは地獄だった。

めちゃくちゃに緊張して正座して待っていたら、カーテンを開けた時に現れたのはピグモンだった。

f:id:hideyoshi1537:20190207210456j:plain

ひと目見た瞬間、やばいと思った。

俺はこいつに息子を食べさせるのか....

と絶望的な気分になったが、仕事を全うしようとする女性を軽んじるわけにはいかない。

パンツを脱ぎ、「よろしくおねがいします」と敬礼し、チンコをいじられたものの、全く勃たない。

実家の犬に舐められたほうが気持ちよかったくらいだった。

ただでさえ勃たないチンコがみるみるうちに萎んでいった。哀れだった。


途中で「無理しなくて、いいんだよ」と処理を中断してもらい、30分ひたすら会話して終了した。


そんな思い出から得られる教訓は、プロの技を持ってしても、気持ちが入らなければ気持ちよくない、ということだ。


ヤリチンのセックスはイマイチだったのかもしれないが、そこに愛はあったのかい?

安心できる信頼関係はあったのかい?

心を預けられる相手じゃないと、セックスに集中できないんじゃないのかい?


こうやって考えると、「イケメンヤリチンはセックス下手」というよりは、イケメンヤリチンとは「安心して身体を預けられる関係」を育むのが難しいんじゃないかと。


まぁ僕としてもイケメンヤリチンは滅びるべきだと思うし、断じて彼らの女遊びを許すわけにはいかないのだが、
一回だけセックスしたくらいで「イケメンヤリチンのあいつはセックス下手」と言われるのは、イケメンヤリチンとしても納得がいかないだろう。

本気を出されていないだけかもしれないのだから。


だからみんな、イケメンヤリチンとホテルに入ったときは、セックスする前にこう言おう。


「お前、今日は本気でかかってこいよ」

と。

f:id:hideyoshi1537:20190207211042j:plain


関連記事: