俺の下ネタ

ダメだとわかっていても、下ネタを書かずにはいられない